Company Profile

大正時代にドイツ留学で金属の技術を学び
1932年に創業者が「野本製作所」を創業。
以来90年、受け継いできた歴史と伝統を、
次の世代へ引き継ぐべく、
さらなる技術と人間力を育んでいます。

会社概要

社名

大阪熱処理株式会社

創業

1932年(昭和7年)10月12日

設立

1937年(昭和12年)2月18日

代表者

取締役社長 野本 榮一

従業員数

60名

資本金

4,980万円

事業内容

焼入鋼帯の製造、販売
みがき特殊帯鋼の製造、販売
金属加工品の製造、販売

所在地

  • 本社・工場

    〒663-8242
    兵庫県西宮市津門飯田町3番49号
    Tel:0798-66-1255(代表)
    Fax:0798-65-3056

    google map

  • 東京営業所

    〒102-0093
    東京都千代田区平河町1-3-12第2秩父屋ビル7階
    Tel:03-3288-9571(代表)

    google map

会社沿革

  • 1932年

    野本徳次郎が安全カミソリ、ぜんまい用焼入鋼帯の国産化に成功し「野本製作所」を創業

  • 1937年

    社名を「大阪熱処理株式会社」に変更。圧延工場を新設。

  • 1946年

    戦後、帯のこ材、巻尺材、織機用ドロッパー材の生産で事業を再開。

  • 1950年

    野本富一が二代目取締役社長に就任し、新経営理念に基づく5S主義を提唱。

  • 1961年

    東京営業所の開設

  • 1967年

    設備の近代化を促進。織機部品(フラットヘルド)の製造や定荷重バネ(コプリング)の開発。

  • 1971年

    薄物の焼入鋼帯の生産拠点として東京工場を開設。

  • 1982年

    東京工場を本社工場に集約。

  • 1989年

    野本榮一常務(現取締役社長)が入社し中期経営計画の実施、キャリア、ブレードなどの製造を開始

  • 1989年

    東京営業所を現在の千代田区に移転

  • 1995年

    台湾の合弁会社「台湾大阪熱処理(Phoenix Heat -Treatment CO.,LTD)」に出資。

  • 1997年

    野本榮一が三代目取締役社長に就任。

  • 2002年

    創立70周年を機にACTION PLAN70を掲げ、03年より目標とした生産量を達成。

  • 2004年

    課題解決のためのCFT(Cross Functional Team)が結成。

  • 2005年

    台湾の合弁会社の生産を本社に集約。

  • 2009年

    生産管理基幹システムを独自開発。

  • 2013年

    冷却水循環システム導入。

  • 2017年

    自社圧延機の駆動部を最新システムに改修。

  • 2022年

    野本健介常務が入社し経営に参画。

  • 2023年

    本社、東京営業所でISO9001:2015の認証取得。